ビジネスワイナリー『あなたのビジネスをより早く、より遠くへと熟成させます』

代表 マスタービジネスソムリエ 宮崎香理(インナーリーダーコーチ、MBAマーケティングコンサルタント、研修・セミナー講師)

知ってた?●回来店したら、常連客!

こんにちは。

先日、整体院オーナーとお話をする機会があり、
お伝えしたことがあります。

時間の関係もあり、お伝えできなかったことも
含めて、ご紹介します。
何かのヒントになれば幸いです。

●回、来店すると常連客に

新規顧客は●回、来店すると常連客になって頂ける
可能性がぐっと高まります。

さて、問題です。何回でしょう?

0518

ちなみに、整体院に限らず、ヘアサロン、
ネイルサロン、飲食店、エステサロンほか
業種に回数による差はほぼないと言えるでしょう。

答えは「3回」です。

以前、成功店舗のオーナーに話を聞いていた時に、
この答えにたどり着きました。

あなたも3回以上、行ったことがあるお店に
馴染みを感じているのではないでしょうか?

整体院さんについてお話ししていますが、
ご自身の業種に置き換えてお読みくださいませ。

リピーターを新規顧客扱いしない

2回目の来店ではまだお客様自身もお店側も
常連の意識はないでしょう。
ところが3回目になると、どうでしょう。
お客様は貴店を特別な存在として見始めています。
この時お店側もお客様を常連客として接することが
4回目に繋がる鍵です。

なぜ3回か?

3回来店するということは・・・

1.価格、内容にある程度満足している

2.アクセスが良い

ということです。

1回目から2回目の壁。
2回目から3回目の壁。
どちらも高い壁ですが、
3回目から4回目の壁はそれほど高くはありません。

どのような業種であっても、
いかに3回通っていただけるかということに
主眼を置いてください。

言うまでもありませんが、
0回から1回目の壁が一番高いです。

1回目のお客様に大切に接することを
忘れないでください。

そうすることで、また来てもいいかなと
思っていただけるようになります。

3回通って頂くために

新しいお店に対するハードルを下げましょう。

05181

そのために出来ることは下記の通り。

1.お試し価格を設ける

2.まるで常連の大切なお客様のように接する

3.2回目以降の特別オファーを設ける

4.お客様の声をホームページ等に掲載する

5.FBをはじめ、SNSを使って雰囲気を伝える

*特別に扱われていると感じて頂けるように工夫する
例えば、必ず名前をお呼びするなど。

2回目以降の特別オファーの作り方

整体院のオーナーさんは3000円のお試し体験の後に
10回6万円のチケットを提供したいとのことでした。

10回のチケットがあっても構いませんが、
おそらく相当ひどい症状がない限り、
なかなか買えないのではないでしょうか。

3000円でお試しする方には10回はぴんとこない
可能性が高いです。

なぜなら、お試しでいらしているからです。

ただし、満足されたら、「また来たい」と
思っていただける可能性は高まりますよね。

松竹梅がおすすめ

そこで、おすすめなのが松竹梅でオファーすること。

契約率を高めるには、断れないオファーに
することが大事なのです。

例えば、10回が最大だとしたら、
3回、5回のチケットも作るのです。

そうすると、お客様は選びやすくなります。

3回チケットを一番お得にする理由

可能であれば、3回チケットを一番お得にします。

なぜなら、3回通っていただければファンになって
もらえる可能性が高まるからです。

ファンになってもらえたら、5回や10回チケットを
買ってもらえる可能性も高まります。

一番大切なことは貴店に通うことが
自然な状態にするということ。

そのためにはハードルをなるべく下げる
必要があります。

3回通って頂く間に、お客様の期待を超える
技術やサービスを提供しましょう。
満足度が高いと、紹介も頂けるかもしれません。

*紹介制度も設けると良いでしょう。

次回も初回と同じ価格やほぼ同価格での
提案も有効です。

まさに断れないオファーです。

安くて、内容もいいとなると断る理由はありません。

あなたのお店にはどういった価格やチケットが
合うか、ぜひテストをしてみてください。

きっと、今より売り上げが良くなるでしょう。

初回無料相談を受付中

今回は文中で難しい言葉を使いませんでしたが、
お試し価格はフロントエンド
10回チケットはバックエンド
になります。

kaori3

フロントエンドやバックエンドを作りたい、
相談したいとお考えの方は気軽にご連絡ください。

マーケティングコンサルタント
宮崎香理
info☆kaorimiyazaki.com
☆を@に変えてください。

あなたを応援しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらもあわせてお読みください

Page Top