ワールドビジネスソムリエ合同会社『あなたのビジネスをより早く、より遠くへと熟成させます』

代表 マスタービジネスソムリエ 宮崎香理(MBAマーケティングコンサルタント、研修・セミナー講師、インナーリーダーコーチ)

立派なメイン料理に!ジャンボ椎茸の野菜詰めステーキ ヴィーガン、ベジタリアン レシピ recipe for Vegans and Vegetarians

ビーガン(ヴィーガン)のワールドビジネスソムリエ合同会社代表でヴィーガンの宮崎香理です。

お好み焼きから始まったビーガン/ヴィーガンレシピ。

飲食店にとっては空前絶後のチャンス。

なんといっても4000万人の訪日外国人の5%がベジタリアン、ヴィーガンと言われていますから、彼らが食べられる料理を提供できれば、売り上げが伸びるチャンスです。

世界的にコロナウィルスの深刻な景況を受けているので、日本も大変な大打撃を受けてしまいますが、だからこそヴィーガン料理にも対応するのもいい機会かもしれません。

ご存知の方も多いかもしれませんが、2019年秋に日本の各地で開催されたラグビーワールドカップの需要で、ヴィーガン、ベジタリアン対応店は売り上げが軒並みアップしたそうですよ。

今回は前回の「旬の椎茸で作るシンプルで美味しいステーキ」に続いて、椎茸のレシピをご紹介します。

椎茸やピーマンの肉詰めは人気ですが、野菜だけを入れても美味しくできます。

ヴィーガン、ベジタリアンは足し算ではなく引き算

0からレシピを開発するとなると、通常業務もある中、負担増になってしまいますよね。

実はヴィーガンレシピ開発はシンプルです。

今あるレシピからヴィーガンが食べないものを引いていけばいいのです。 ヴィーガンが食べないものは肉魚以外に乳製品、卵、ハチミツです。これらの代わりに植物製品を使えばいいのです。

中には工夫が必要なものもあるでしょうが、引き算だけでヴィーガンレシピが完成するものがあるのではないでしょうか?

ヴィーガン料理は面倒ではないと思っていただけたら幸いです。

メイン料理にも!大きな椎茸で作る野菜詰めステーキの作り方

椎茸の大きさがあれば立派なメイン料理の一品にもなりますが、通常サイズの椎茸に野菜を詰めて焼いても美味しいですよ。

友人にも大変好評でした。

ぜひお試しくださいね。

 ~3人分の材料~

大きな椎茸 3つ
木綿豆腐 100グラム
人参 1/2本
油揚げ 1枚
植物性の油 大さじ1 
しょうゆ 大さじ1~1.5
ニンニク チューブで1センチ~お好みで。
小麦粉 大さじ1
ごま油 仕上げ用
あらびきコショウ 飾り用

~作り方~

1.キッチンペーパーで丁寧にしいたけに付いた汚れを取る。
2.軸を切り、5ミリ角に切る。
3.人参をみじん切りにし、油を入れたフライパンで中火で2の軸とともに2,3分炒める。
4.
油揚げを小さく切り、ニンニク、醤油とともに3に加えてざっと炒める。
5.弱火にして、豆腐を炒める。
*この時、炒り卵のように豆腐を細かくする。
6.椎茸のかさに小麦粉を少々まぶし、椎茸に5を敷き詰める。
7.フライパンに3つ並べて、蓋をして中火で2分焼き、その後水を少々入れ、さらに1分蒸し焼きにする。
8.お皿に一つずつのせて、お好みでごま油をかけて出来上がり。
9.飾りにあらびきコショウをあしらったらおしゃれになります。

メモ

  • 椎茸を美味しくいただくために汚れを拭いて落としますが、気になる方は洗ってください。
  • 大きなサイズの椎茸で作った場合は、フォークとナイフを用意して、熱々を頂きましょう。
  • 面倒でもコショウなどで飾りをつけると、お店のような仕上がりに。

アレンジレシピ

  • 人参やアスパラなどを付け合わせると、立派なメイン料理に。

飲食店経営者の皆様へ

既存のレシピをビーガンやベジタリアンに対応してみませんか。

アレンジレシピで美味しいヴィーガン、ベジタリアンレシピを提供することで訪日外国人にアプローチすることが出来ます。

ヴィーガン、ベジタリアンレシピにお悩みの方やレストラン経営者の方はぜひお気軽にお問い合わせください。

私は組織や人に埋もれた資産を価値に変える活動をしています。

企業向け、個人向けのお悩みや課題に応じて、 サービスをご案内しています。

ご相談はお気軽に。

ワールドビジネスソムリエ合同会社
マスタービジネスソムリエ
MBAマーケティングコンサルタント
代表 宮崎香理

info☆kaorimiiyazaki.com までご相談ください。
☆は@に変更してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらもあわせてお読みください

Page Top