ワールドビジネスソムリエ合同会社『あなたのビジネスをより早く、より遠くへと熟成させます』

代表 マスタービジネスソムリエ 宮崎香理(MBAマーケティングコンサルタント、研修・セミナー講師、インナーリーダーコーチ)

カンボジア・シェムリアップレポートVol.2 アンコール・ワットだけじゃない!アンコール遺跡群

こんにちは。

ワールドビジネスソムリエ合同会社代表
MBAマーケティングコンサルタントの
宮崎香理です。

今年は海外に足を運ぶ機会が多く、
3月の中国、4月のベトナム・ホーチミン、
5月のニュージーランド、6月の中国に続き
11月はカンボジアとタイへ。

アンコールワットだけじゃない アンコール遺跡群

カンボジアと言えば、アンコールワット遺跡群を思い浮かべる方が少なくないと思います。言わずと知れた世界遺産の一つで、連日大勢の外国人観光客が訪れています。

デジタル大辞泉(小学館)より引用。

カンボジア北部、トンレサップ湖の北岸近くにあるクメール王朝の遺跡。王朝は9世紀から15世紀まで栄えた。王宮のアンコールトム、石造寺院アンコールワットをはじめ多数のヒンズー教寺院の遺構があり、1992年に世界遺産(文化遺産)に登録された。

アンコール遺跡群のチケットで入場できる遺跡はアンコールワット以外に、アンコールトム(バイヨン寺院)、タプローム、バンテアイクデイ、タケウ、プリアカン、ニャックポアン、東メボン、プレループ、バコン、プリアコー、ロレイ、バンテアイスレイ、クバルスピアンなどがある。

アンコールワットAngkor Watについて知っておきたい10の事

1.12世紀前半に造営されたビシュヌ神を祭るヒンズー教寺院。

2.1992年、世界遺産及び危機遺産に登録される。

3.アンコール王朝(クメール王朝)は600年以上繁栄。

4.遺跡は大小あわせるとおよそ600。

5.ポル・ポト派の拠点となり、柱には銃弾の痕も残る。

6.現在は日本、ドイツ、フランスなどの支援を受け、修復工事が続けられる。

7.アンコールワットは東西約1500メートル、南北約1300メートルの掘で囲まれる。面積は約200ヘクタール。

8.第1回廊~第3回廊と中央祠堂を頂点に山のような形(中央祠堂が須弥山、回廊がヒマラヤ山脈)を表す。

第3回廊にて。

9.創建時に金箔が貼られていた絵巻図あり。

10.江戸初期の日本人・森本右近太夫の落書きも確認される。

世界遺産アンコール・トムAngkor Thomとは

カンボジアの世界遺産と言えばアンコール・ワットがあまりに有名ですが、アンコール・トムはアンコール遺跡群の一つで訪れる価値が高いと言えます。

1.12世紀後半に建築された仏教寺院、門、城砦などからなる宮を中心にした都市遺跡。

2.バイヨン寺院のほか、南大門、象のテラスなどが有名。

3.観世音菩薩の像のほほ笑みは「バイヨンの微笑/クメールの微笑」と称される。

バイヨン寺院とは

1.バイヨンは美しい塔の意味。

2.観世音菩薩を彫り込んだ中央祠堂がある。

3.仏教とヒンドゥー教の融合寺院。

4.像のテラス

タ・プロームとは

1.アンコール遺跡群のひとつ。

2.12世紀末に仏教寺院として建立され、後にヒンドゥー教寺院に改修される

3.ガジュマルによる浸食が見られる。

4.インド政府がタ・プロームの修復を担当

アンコール遺跡群×カンボジア×贅沢な遠足

いかがでしたでしょうか。

アンコール遺跡群にはアンコールワットをはじめ、たくさんあります。

今回はアンコールワットの日の出からスタートする現地ツアーを利用しました。(こちら
遺跡巡りはもちろん、プレループの遺跡の夕日鑑賞、昼食と伝統舞踊ショー付きの夕食まで付いていて、大満足のツアーでした。
一日のほとんどが歩きとなるため、歩きやすい靴がおすすめです。

ガイドのポーさんの日本語は堪能で驚くほど。
なんと、寺子屋でカンボジア人のお坊さんから学んだそうですよ。

次回は個人的にアンコールワットより感動した!?未開の遺跡をご紹介します。

ご相談はお気軽に

シェムリアップには外国人観光客が多く
私たちが学べることがたくさんあると思いました。

ぜひお気軽にご相談ください。

マーケティング、コンサルティングや研修の
ご相談は下記までお気軽にお願いします。

ワールドビジネスソムリエ合同会社
マスタービジネスソムリエ
MBAマーケティングコンサルタント
代表 宮崎香理

info☆kaorimiiyazaki.com
までご連絡お待ちしています。
☆を@に変更お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらもあわせてお読みください

Page Top