ワールドビジネスソムリエ合同会社『あなたのビジネスをより早く、より遠くへと熟成させます』

代表 マスタービジネスソムリエ 宮崎香理(MBAマーケティングコンサルタント、研修・セミナー講師、インナーリーダーコーチ)

カンボジア・シェムリアップレポートVol.1 シェムリアップは日本の京都・奈良

こんにちは。

ワールドビジネスソムリエ合同会社代表
MBAマーケティングコンサルタントの
宮崎香理です。

今年は海外に足を運ぶ機会が多く、
3月の中国、4月のベトナム・ホーチミン、
5月のニュージーランド、6月の中国に続き
11月はカンボジアとタイへ。

初めて訪れるカンボジアで感じたことを
マーケターならではの視点で
レポートしたいと思います。

何かのお役に立てたら幸いです。

ビジネスチャンス

ベトナムやタイと隣接するカンボジア。
著しい発展を続けるベトナムやタイへ
ビジネス進出するには出遅れ感がありますが
カンボジアはこれから伸びる国なので
ビジネスチャンスはあると言えます。

シェムリアップについて知っておきたい20の事

一般的なこと

1.アンコール遺跡観光の基地となる町。

観光客の増加にともない近代化が進む。
ホテル、レストラン、バー、土産物店などが中心部に並ぶ。

2.カンボジア料理は隣国のタイ料理と近い。

クメール料理もあるが、食材や味付けなど、タイ料理に近い印象。

3.アジアで最も大きなトンレサップ湖。

漁業のため、水上で生活する人も多い。

4.シェムリアップとはシェム(タイ)を追い出すの意味。

*バンコクにはアンコールワットの模型がある。

インフラ関係

5.カンボジア人の多くは銀行口座を持たず金銀を持つ。

6.主要通貨はUSドル。

細かいお釣りはカンボジア通貨リエル。

7.電気代は日本の3倍

電気代はタイより高いため
製造業進出の足かせになっている模様。

8.移動手段はバイク

車の価格が高いため、ベトナム同様、
バイク利用者が多いカンボジア。

大人3人でバイクに乗ることも。

実際私たちも3人で乗りましたが、
スリリングな体験でした。
くれぐれも気を付けてください。

なお、飲んでも乗ることは出来る模様。

生活関連

9.生まれたときからハンモックで寝る。

大人の昼寝もハンモックで。

11.家は高床式。

床下には作業スペースやハンモックがある。

12.iPhone率高い。

13.賑わう朝市。

女性たちが朝から買い物。
肉や魚は昼までに売り切れる。

14.平均寿命は男性60歳、女性65歳

薬や医療の関係から寿命が短い。

観光について

15.Visaが必須

カンボジアに行くためにはVisaが必須。
$36かかるため、
政府にとって大きな収入源である。

Visaは30日間有効で
インターネットで取得することが出来る。

16.朝から晩までにぎわうアンコールワット遺跡群

世界遺産であるアンコールワットは
朝日鑑賞が有名で早朝から多くの観光客でにぎわう。

アンコールワット入場料は1日はUS$37。
ほかに、3日US$62、7日間US$72あり。

クレジットカードまたはアメリカドルを
利用して購入することができる。

窓口で支払い後に、写真を撮り
すぐにカードが発行される。

*アンコールワット以外に、アンコールトム(バイヨン寺院)、タプローム、バンテアイクデイ、タケウ、プリアカン、ニャックポアン、東メボン、プレループ、バコン、プリアコー、ロレイ、バンテアイスレイ、クバルスピアンなどに入場することができる。

17.日本人の観光客は激減、その代わり増えた中国人と韓国人

かつては観光客の大部分を占めていた日本人。
現在は中国人と韓国人が増えているとか。
欧米からの観光客ももちろん多い。

なお、現地のツアーガイドさん二人は
寺子屋でカンボジア人から日本語を学んだとか。

性格は穏やかで、笑顔で親切なカンボジア人が多い。

18.シェムリアップ国際空港と移動手段

空港は1階建てで敷地が広く、外観は家のよう。

空港から町へは20~30分と近く、
トゥクトゥクやタクシーを使う。

私は送迎付きの宿をAirbnbで予約し、
トゥクトゥクで空港から移動。

19.日本で例えるなら京都や奈良

国土が広いとは言え、中心部もすべて二階建て。
景観を守るため、3階建ての建設は不可。

20.ナイトライフが充実

シェムリアップの繁華街には
たくさんのレストラン、バー、クラブが並び
屋台のバーまであるほど、ナイトライフが充実。

しかも、どこも値段が激安なので、
毎晩外国人観光客で賑わう。

バーやレストランでも
ビールは100円~200円ほど

朝5時にバーやクラブは閉店し、
町は静けさを取り戻すため、
外国人にとっての最後の楽園と言える。
タイのパタヤも似た雰囲気だとか。

最後の楽園×カンボジア×観光客の町

いかがでしたでしょうか。

カンボジアのイメージがあまりないという方のために
簡単にカンボジア、特にシェムリアップについて
まとめてみました。

海外では日本円の弱さを感じることもありますが、
カンボジアは今年訪れた国の中でも断トツの安さ。

またシェムリアップは観光地ということもあってか
治安の悪さは感じませんでした。

公私ともにおススメの国です。

次回は訪れた遺跡群などをご紹介します。

ご相談はお気軽に

シェムリアップには外国人観光客が多く
私たちが学べることがたくさんあると思いました。

ぜひお気軽にご相談ください。

マーケティング、コンサルティングや研修の
ご相談は下記までお気軽にお願いします。

ワールドビジネスソムリエ合同会社
マスタービジネスソムリエ
MBAマーケティングコンサルタント
代表 宮崎香理

info☆kaorimiiyazaki.com
までご連絡お待ちしています。
☆を@に変更お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらもあわせてお読みください

Page Top